検索

コリンウズラの病気について


白コリンウズラのペア

 コリンウズラの飼育で発生する最も一般的な3つの病気は、ウズラ気管支炎、潰瘍性腸炎、ウズラ痘です。他の病気(ミオプラズマ、ボツリヌス中毒症、コクシジウム症、毛細管虫)もウズラにとっては重大な病気です。今回はウズラ気管支炎、潰瘍性腸炎、ウズラ痘の予防と症状の簡単な説明を紹介します。


うずら気管支炎


 ウズラ気管支炎(QB)は、アデノウイルスが原因となって起こります。伝染は垂直(卵を介して)と水平(鳥から鳥へ)の両方です。科学的証拠は、QBがおそらく野鳥によって導入されたことを示しています。罹患率は100%に近づき、死亡率は多くの場合50%ですが、はるかに高い場合があります。群れに入ると、QBはオリを介して、またオリからオリへと急速に広がります。一般的に、ウズラは生後4週間未満で深刻な影響を受けます。 8週間を超える鳥は無症状の感染症を持っている可能性があります。回復した、または無症状の感染した個体は、ウイルスの繁殖地である可能性があります。徴候は、死亡率の増加、食欲不振、および呼吸器の兆候のカタカタ音です。剖検により、体全体に白い粘液が認められます。 QBの治療法はありません。最善の対処は、適切な管理です。温度を数度上げて、感染した個体を隔離します。水にビタミン/ミネラルなどを追加で添加します。


潰瘍性腸炎


 潰瘍性腸炎(UE)はおそらくウズラで観察される最も一般的な疾患です。 UEはまた、若いシチメンチョウ、ライチョウ、キジ、その他の狩猟鳥にも発生します。原因は、Clostridium colinumとして知られているグラム陽性菌です。UEと診断された鳥は体の状態が急速に悪化し、脱水状態となって衰弱します。鳥は頭を後ろに引き、背を丸めて座っていることがあります。胸は薄くなり、しわが寄り、脱水状態になり、かみそりのような縁になります。病変は、下部の小腸、盲腸嚢、および大腸に見られます。開いていない腸壁から深い潰瘍が見えます。


うずら痘


 ウズラ痘は、小さな擦り傷や蚊によって皮膚の羽毛のない領域に侵入するウイルス性疾患です。それは、ごみの摂取、上部消化管への小さな擦り傷、そして場合によっては感染した涙の飲み込みを介して入ります。うずら痘は、秋と冬に最も頻繁に発生します。うずら痘病変は隆起し、枝分かれした結節として特徴付けられます。結節は拡大し、黄色に変わり、進行して濃い黒ずみを形成します。感染予防は、6週から8週齢の時、ワクチン接種が有効です。ワクチン接種に関しては、近くの獣医さんと相談して下さい。蚊の繁殖地をなくすことも、うずら痘の抑制に役立ちます。なお、特定の治療法はありません。


 今回紹介した病気は、コリンウズラだけでなく、ヒメウズラや並ウズラにも感染します。予防は、ケージ内を清潔に保つことと換気を良くすることが有効です。また、ウズラ以外の動物を同じケージで飼育しない事も大切です。ケージ内のお掃除をしっかりと行うことが予防の第一歩です。さらに寄生虫やウイルスの侵入を防ぐため、あまり不衛生な餌や自然の虫類等を給餌することは、止めましょう。

6回の閲覧

© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com

(合)自然環境活用開発
〒259-0201神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴570-11
営業時間:午前9時から午後6時