top of page
検索

紫の花だから紫陽花(あじさい)なのでしょうか?

 6月に入ると、多くの地方で紫陽花(あじさい)祭りが開催されています。真鶴町では紫陽花祭りは開かれませんが、雑木林や道路の脇に自生の紫陽花が咲いていて、とても綺麗です。紫陽花は名前に「紫」という漢字が入っています。しかし、自生している紫陽花のほとんどが、青色です。紫陽花が庭に植えられている場合、青、紫、赤、白色と花の色は様々です。ホームセンターや園芸店では、品種改良された様々な色の紫陽花が販売されているので、それらを購入したのかもしれません。

 


青一色の紫陽花
青一色の紫陽花

紫陽花の色は、土の酸性度によって変化するようです。

 

 少し調べてみると、紫陽花の色は土の酸性度によって変わるそうです。アルカリ性の土では、花が赤く、中性の土では紫、酸性の土では青色になるそうです。庭で紫陽花を栽培されている方は、苦土石灰などを撒いて土を中性にしているのかもしれません。でも、自生している紫陽花はほとんどが青色、ということは、野原や野山の土は酸性ということになります。しかし、私が子供の頃、自生している紫陽花は赤から赤紫で、日が経つにつれて紫から青色に変化する花でした。もっと過去、「あじさい」が「紫陽花」と名付けられた時、現在のように最初から花の色が青色だとしたら、「あじさい」の名前には「紫」という漢字は入らず、「青」の漢字が入ったことでしょう。「紫」の字が入っているので、昔の紫陽花の花は紫色で、昔の日本の土は中性だったのでしょう。

 

なぜ、紫陽花の色は青色になってしまったのでしょうか?

 

 紫陽花の花が青色の場合、土が酸性となっていることを示しています。紫陽花が紫色だった昔の日本の土は中性からアルカリ性だったのでしょう。なぜ、このような変化が出てしまったのでしょうか?一般に植物が生育している土は、酸性化します。これは植物の活動と共に、土の中の微生物の働きによるものとされています。だから、野菜などを育てる農家は、タネや苗を植える前の土壌に苦土石灰を混ぜて、酸性度を中性からアルカリ性にします。昔、紫陽花の色が変わった原因も、土の酸性度が中性から酸性への変化だったのでしょう。一度、酸性となった土は、再度苦土石灰などを混ぜないと中世に戻りません。だから、一度青色になった紫陽花は、青色のまま変化しません。もちろん、青色の紫陽花も美しい事は言うまでもありません。土が酸性化してしまった原因の一つは、酸性雨だと考えられています。気象庁のデータによると、日本ではここ20年以上酸性雨が降っています。その結果、土が酸性化し、自生の紫陽花が紫色から青色の花になってしまったのでしょう。紫陽花祭りで、色々な色の紫陽花を堪能されたい方は、開催期間の始めのうちに行くことをお勧めします。終わりの方ですと、ほとんど青色の紫陽花になってしまっているかもしれません。

 

 

閲覧数:10回0件のコメント

Comentários


bottom of page