top of page
検索

ニワトリの卵とウズラの卵、どちらも価格が上がっています。

 最近の物価上昇に伴って、ニワトリの卵もウズラの卵も価格が上昇しています。ニワトリの卵は、時々物価上昇のニュースに取り上げられています。物価の優等生とされてきたニワトリの卵も、飼料の値上がりや鳥インフルエンザの影響により、値上げは仕方ないことです。その一方で、ウズラの卵も価格が上昇しています。昨年、ニワトリの卵(10個入り1パック)は220円前後でしたが、現在は平均247円に価格が上がっています。また、ウズラの卵(10個入り1パック)は、昨年の108円から115円に価格が上昇しています。それぞれ、一般小売業者で販売されている価格の平均値なので、高い店や安い店もあると思います。ニワトリの卵は約12%、ウズラの卵は約6%、価格が上昇しています。ウズラの卵よりも、鳥インフルエンザの影響を強く受けているニワトリの卵の方が、品不足のため高騰しています。


ニワトリの卵
ニワトリの卵

ニワトリの卵の品不足が深刻です。


 ニワトリの卵の品不足は、深刻です。卵が無いため、卵料理のレストランチェーン店では、一部のメニューが販売休止になっています。例えば、創作オムライス「ポムの樹」では、オムライスLサイズが販売休止になっています。また、オムライス料理の草分け的チェーン店「ラケル」では、料理に使用する鶏卵「エグロワイヤル®」の使用を2月11日より中止しています。エグロワイヤル」はキューピータマゴ株式会社が販売している業務用の卵液です。ニワトリの飼料に魚粉やトウモロコシを使わず、小麦や乳清(ホエー)を与えて卵の生臭さを消している卵です。


 卵料理のチェーン店だけでなく、ガストやバーミヤンなどのファミリーレストランでも、卵料理のメニューが一部休止となっています。ガストではチョコバナナとマスカルポーネのパンケーキ、ガパオライスプレート、まぐろユッケ、ほうれん草と温泉卵のミニビーフシチュー、トッピング(目玉焼き・温泉卵)、モーニング:温玉ドリア、パンケーキ各種、テイクアウト宅配:パンケーキ&ポテトフライが休止となっています。また、バーミヤンでは天津チャーハンと天津飯が休止となっています。一部では餃子の王将も天津飯を休止している店があると噂されています。真偽は不確かですが、休止となってもおかしくありません。


ウズラ類を飼育されている方も気を付けましょう。


 鳥インフルエンザは、野鳥から感染することは明白です。3月に入ってから、養鶏業者や養鶉業者からの感染報告はありません。しかし、野鳥の感染報告は減っていません。特にカラスの感染報告が目立ちます。カラスは人間の生活圏に非常に近い鳥です。ゴミ捨て場などで接触する機会も多いかもしれません。カラスの死骸には、決して近寄らないようにしましょう。


閲覧数:87回0件のコメント
bottom of page