検索

ヒメウズラ・コリンウズラの卵の殻を用いたエッグアート第4弾です。


UVレジンとエポキシ樹脂を組み合わせた作品
UVレジンとエポキシ樹脂を組み合わせた作品

 これまでエポキシ樹脂やUVレジンで作ったエッグアートをご紹介してきました。エポキシ樹脂は、ヒメウズラ・コリンウズラの卵の殻の中に入れて、透明な卵のエッグアート作成に用いました。UVレジンは、卵の表面に塗って、スケルトン・エッグのようなエッグアート作成に用いました。今回は、その2つを同時に利用したエッグアートのご紹介です。


ヒメウズラの卵殻にエポキシ樹脂を流し込みました。



ヒメウズラの卵殻に流し込んだエポキシ樹脂
ヒメウズラの卵殻に流し込んだエポキシ樹脂

 今回はエポキシ樹脂に青色の染色液と青色のグリッターを混ぜました。前回と同様に、穴を広げないと、エポキシ樹脂が中々入って行きませんでした。今回は穴に入らず流れた分は、良く拭き取っておきました。どのような感じになるのか、出来てからのお楽しみです。エポキシ樹脂は、前回と同様クリスタルレジン2を用いました。1日室温に置いて、エポキシ樹脂を十分に固めた後、次の作業を行いました。


UVレジンを卵殻の表面に塗りました。


卵殻の上からUVレジンを塗りました。
卵殻の上からUVレジンを塗りました。

 今回はUVレジンに金のグリッターを混ぜて、使いました。今回は格子をイメージしました。金の格子に保護された卵と言う感じでしょうか。UVレジンはダイソーで購入したUVレジン液を使いました。UVライトを当てて十分に固めました。


卵の殻を溶かして、サンドペーパーで磨き、完成です。


 露出している卵殻の表面をカッターナイフで少し削りました。UVレジンやエポキシ樹脂が表面に付着している可能性があるためです。その後、クエン酸液に入れて、卵殻を溶かしました。卵殻膜が残りやすいので、エポキシ樹脂の表面はサンドペーパーで磨きました。また、UVレジンの淵の部分も卵殻膜が残っていたので、カッターナイフで削りました。完成品はトップ絵の通りです。エッグアート第二弾のようにエポキシ樹脂で卵型を先に作成し、卵殻膜を完全に除いた後、UVレジンで装飾する方法で、同じような作品が作れます。しかし、エポキシ樹脂はUVライトが当たると色が黄色に変色します。エポキシ樹脂にUVライトが当たらないように、何かで覆う必要があります。今回のように、UVライト避けとして卵の殻を上手く使うと立体的な作品が簡単に作れます。


レジンなどを使わず、単純なエッグアートも楽しめます。


卵殻を顔に見立てた簡単なエッグアート
卵殻を顔に見立てた簡単なエッグアート

 UVレジンやエポキシ樹脂など、手間がかかって大変だなぁと思う方も多いかと思います。でもご安心ください。もっと簡単にエッグアートを楽しむ方法は、たくさんあります。上の写真はコリンウズラの卵殻に100円均一ショップで販売されているシール付き動く目玉を貼った作品です。卵を顔としたエッグキャラクターという作品も作れることでしょう。アイデア次第で、色々な作品を楽しむことが出来ます。是非、お試し下さい。


#エッグアート #コリンウズラ #ヒメウズラ #殻 #UVレジン #エポキシ樹脂


閲覧数:14回0件のコメント